アフターピルと妊娠中絶薬

豊川処方やちょび髭薬局で手に入るアフターピル

アフターピルとは性交渉時の避妊に失敗した場合に望まない妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
具体的には、受精卵の着床を防ぐための中用量のピルです。
避妊に失敗した性交渉後72時間以内に服用することで、妊娠の回避を目指します。
時間内に服用した場合、妊娠を回避できる確率は7割程度と言われていますが、性行為後できる限り早く服用することでその確率も高まるようです。

アフターピルには強い副作用があるので注意が必要です。
その代表的なものに頭痛、吐き気、下腹部痛、倦怠感、むくみ、不正出血などがあります。
これらの副作用は服用から数時間後に現れますが、24時間以上続くことはない一時的なものです。
さらに、アフターピル服用後に妊娠しても、胎児に影響が出る危険性が著しく増大するわけではないようです。

アフターピルは産婦人科などの専門医に処方してもらうことができます。
現在、日本国内ではプラノバール錠とノルレボ錠が処方されています。
また、個人輸入でもアフターピルを入手することが可能で、ノルレボ錠と同様の成分で作られたマドンナやポスティノールなどが販売されています。

愛知県の豊川処方している病院はいくつかあります。
例えば、藤澤フラウエンクリニックの産科・婦人科や渡辺マタニティークリニックの産科・婦人科、マキノレディースクリニックの産婦人科などです。
「豊川処方」と検索しても、通販サイトは見つかりませんが、愛知県の豊川市ならアフターピルの豊川処方ができるようです。

通販サイトのちょび髭ではアフターピルを購入することができます。
ちょび髭で販売されているのはアイピルです。
アイピルは世界で最もポピュラーなモーニングアフタータイプのピルだそうです。
ちょび髭はネットや口コミでも評判です。