アフターピルと妊娠中絶薬

事後の避妊のためのアフターピルの種類

アフターピルとは性行為の後に飲むピルのことであり、事後の避妊のために用いられることになります。
このアフターピルを用いるケースとしては、性行為の時にコンドームが破れてしまったり、外れてしまったりしてしまって避妊に失敗したケースに用いられることがあります。
この事後の避妊のためのアフターピルについては、一つだけではなく色々な種類のアフターピルがありますから、自分にあったアフターピルを選ぶことが重要になってきます。
アフターピルの種類としては、まず代表的なものとしてアイピルと呼ばれる事後の避妊のためのピルがあります。
このアイピルを服用することによって、性行為をした後、72時間以内に服用することによって、ホルモンの数値を乱して妊娠を防ぎます。
避妊の成功率に関しては、性行為のすぐ後であればあるほど成功しやすいといわれています。
24時間以内であれば、95パーセントの確率で成功するといわれていますが、72時間以内になると75パーセント程度に低下します。
次に、マドンナと呼ばれるピルがあります。
このマドンナの場合は、性行為をした後72時間以内に一錠を服用して、12時間後に1錠を服用するというタイプのアフターピルとなっています。
こちらのピルも成功率は90パーセントと高い数字になっています。
他にも、受精しても着床を防ぐタイプのピルがあったり、ピルのジェネリックもありますから、他にも数種類のアフターピルがあるということになります。
購入手段としては産婦人科で処方をしてもらうか、自分で購入するという方法がありますが、自分で購入する場合は、海外からの発送となることになるので、あらかじめ購入しておく必要があります。