アフターピルと妊娠中絶薬

アフターピルのプラノバールを勝手にやめたりしない

ピルは、世界ではポピュラーな薬として大変有名ですが、日本ではつい最近まではなじみがありませんでした。ここ数年で急速に、名前が知られるようになり、マイナス意識も少なくなり、服用する女性が増えてきました。
ピルには色々と服用する効能が異なります。妊娠を望まない場合に継続的に服用する避妊目的の低用量ピル、旅行と月経の器官がかぶりそうなときに、月経自体を前後に移動する「月経移動」、月経異常や生理不順、生理痛などの改善目的で服用するもの、性交時に避妊に失敗した際に、服用する「アフターピル」などがあります。
どのお薬も、薬局などでは購入できず、産婦人科などの医療機関に受診して処方を受けなければなりません。
アフターピルを服用する際の条件は、性交避妊失敗後、72時間以内であることです。72時間を超えるとピルを服用しても避妊効果が期待できないとされています。定められた用法をしっかりと守れば、90パーセント以上の避妊効果が期待できます。
アフターピルには、プラノバールを使用するヤッペ法と呼ばれるものと、ノルレボ錠を服用する方法の2種類があります。
プラノバールは中用量ピルで、72時間以内にまず、2錠を1回で服用して、その後12時間後に再度2錠服用します。
ノルレボ錠は、72時間以内に2錠を1回服用して終了です。プラノバールは2回のみなので、2回目を勝手にやめたりすると効果がありません。例え、1回目の服用後に吐き気やだるさなどの副作用が出たとしても、勝手にやめたりせずに医師に相談しましょう。
又、勝手にやめたりすることは危険なので、何か少しでも気にかかるかかることは、自己判断せずに医療機関に問い合わせましょう。